御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

寂しさと他人

「寂しいって感じますか?」って聞かれることあるけど、なんだんだ寂しくなるときもある。目の前が灰色になって現実も未来も悲観的にもなる。辛いよね。

 

寂しさを感じたら、スケボーしたり本を読んだりゲームしたり散歩をして気を紛らわす。

 

他人で気を紛らわす。常時、他人頼みにしていると、本当に寂しくなった時にいつしか自分で気を紛らわす方法が思いつかなくてもっと辛くなりそうなんだよね。

 

好きなこと見つけてハマっちゃおう。

性欲と繋がりたいの境目はどこなんでしょうね。分からんね。世界ふしぎ発見!

脳内覗き隊

日曜日の19時を過ぎると瞼が重くなる。ストレートに申し上げると眠たいでござる。某。

 

先日カメラを買った。

カメラ屋で一目惚れ。シルバーの古臭さと印字のかすれ具合。そんな銀塩カメラ

店長さんにフィルムの詰め方、簡単な撮り方、フィルムの外し方、店長さんのカメラ愛とかを聞きながら買った。2時間くらい店に居た。割合的にはカメラ愛が1時間。さすがカメラ屋の店長。

 

初めての銀塩カメラをブンブンに振り回すこともなく、北九州市門司港地区にてパシャパシャとカメラ散歩。古い町並みが残っている門司港なので、ノスタルジック愛好家(自称)の本領発揮。興奮しすぎてあっという間に2フィルムを消費。暗い場所で撮った写真がうまく撮れてるのか、明るい場所で撮った写真はピントが合っているのか不安になりながらも昨日、カメラ屋にて現像&同時プリント。その場で確認できるデジカメに慣れてると、ちょっと不安。だけどワクワク。サプライズ的な高揚。

 

茶店でダラダラと本を読む。コーヒーを啜る。タバコの煙を睨みつける等して出来上がり時間まで待つ。

 

指定された時間にカメラ屋へ向かう。

店長と奥さん(奥から出てきた。奥さんだけに。)と私の3人で、キャッキャしながら印刷された写真を見た。「この構図は面白い」「これはスローシャッターになってるから、もう少し開いた方がいいかも」とアドバイスも同時に頂く。求めてもいないアドバイスに対し「求めてもないのに、上から好き勝手いいやがって!!」と逆上して三脚で後頭部をキュンキュンに殴る事はせず、「早くうまくなりたいですねー」とか言って、笑ってた。素直さがウリっす。

 

今回、撮った写真や撮りためていた写真をネットにアップするためInstagramで写真アカウントを作った。

ツイッターのアカウントは1つしかないくせに、Instagramでは複数アカウント所持した事になる。我ながらよくやってる。不器用なくせして、器用に立ち振る舞いやがるキザなヤツになりたい。いや、別になりたくないかな。

 

自分が撮るモノとしてはノスタルジック、侘しさ、古臭さ、生活感のあるモノが中心。

具体的に例をあげると、昼間のスナック街、昔は賑わっていたが、今ではシャッターが降りている昼間の商店街、蛇口、ガス管など。

これはプリントしてから分かったけれど、人工的に作られたモノ(特に住居やビル)が時間の経過で塗装が剥がれたり、色褪せたり、脆くなって朽ちたノスタルジックな雰囲気が好きという事が分かった。廃墟はちょっと違う気がする。

 

いわゆる、インスタ映えしそうな自然風景やポートレート写真にあまり興味が無い。

ぽろぽろ、Instagramをサーフしたけれど7割型が自然風景やポートレート写真が占めていた。塩顔マッシュ系の男子学生や真っ赤なチークの女性が主な投稿者だった(どうでもいい)

 

ツイッターでもInstagramでもなんでもいいけど、SNSはその人の脳内を見てるようでとても面白い。無意識の意識が出てるような気がする。ツイッターは文章の言い回し。Instagramは興味・関心がある嗜好。おもろい。

友達と写ってる写真をたくさんアップしている人はきっと寂しがり屋。多分ね。

 

 

モテる秘訣

結論から申し上げると私はモテない。

今までモテた試しがない。絶望的にモテない。絶望ビリーなんだ。とか言ってヘッドバンキングをしすぎて首の神経を痛める。あるいは、赤の哀しみと青の哀しみに包まれて、突如、紫色のスライムになる。

 

おひとりさまは好きなんだよ。誤解を恐れないオレかっけー。

先日もデジカメと銀塩カメラを持って散歩に行ったしね。


f:id:gotenba:20190128202647j:image

 

ノスタルジックなモノが好きなんだよ。侘しいモノに心が惹かれる。

 

しかしながら、侘しい人には心は惹かれん。

内向的な人は好きだけども。また別の話。

 

モテる秘訣なんて無いのよ。

だいたいの事はタイミングっしょ!と思いつつ、巨根であったり、멋진 남자であったり、爽やかであったり、オシャレすぎないオシャレさだったり、とかでしょ、多分。知らんけど。モテたこと無いから知らんけど。憶測やけども。空想ですけど、何か?

 

モテを意識するあまり、生きづらいのは勘弁な。

 

 

出会いを求めて三千里

ピンク色のアプリをアンインストールしたものの、ノリと勢い、直感とシックスセンスで、水色のアプリをインストール。

 

オモロイ人と出会えたらええがな!なんつって、てな感じで進めていたらマッチしました。開始5分。ハンパねえ。

 

しかしながら、コチラのレスを問わずメッセージをバシバシ送ってくる方でゲンナリ。すまねぇ。

追われるより追うタイプなんです私。

ガン攻めってのは、むやみたらに振るんじゃなくて、狙って振って攻めるんだぜ。

 

オモロイ人と会ったらアップデートしていきますわ。まぁ、ぼちぼちいきましょ。

今年は恋愛運が高めだと思いこんでいる

山口県に越してきて1年経ったわけで。ひとり暮らしを始めて1年経ったわけで。ミニマリスト気取りの生活を1年経ったわけでおます。

 

冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、車、テレビが無くとも楽しい毎日が送れているよ!狭い家でも特段問題無いよ!と周りに言うと、怪訝な顔をされる。コイツは変わり者だ。いつか、どてらい犯罪を犯すんじゃないか。いつか、ベンチャー企業を設立してBIGなウェーブに乗ってIT業界にレゲエ砂浜BIG WAVEを巻き起こすんじゃなろうか。みたいな目つきでジロジロ見てくるということはない。モーマンタイ。毎日楽しい。うふふ。人生楽しい。ららら。

 

ただ、我が家の面積が狭いからかゲイ友達からは「ヤリ部屋」「ハッテンバ」等と呼ばれている点を除けば。

所謂、ハッテンバにはイったことが無いので、ここから先の話は妄想と空想、独断と偏見、虚偽のオンパレードになるかも分からん。

恐らくハッテンバの雰囲気は、落ち着いてセックス出来るように配慮して店内は暗い。また、部屋内が散らかっていると円滑なセックスに支障をきたすため、こざっぱりと清潔かつ備品等が整理整頓されていると推測される。

 

一方、我が家の雰囲気は、日当たりが良く天気の良い日はとても明るくポカポカした暖かさすら感じる。ハワイのような明るさと雰囲気がある。ハワイには行ったことないけどな。

いつでも落ち着けるように部屋内は衣服、ビニル袋、オナティッシュ、紅茶のティーバッグ、帽子、菓子(未開封)、空のペットボトルが乱雑。生活感をこれでもか!と醸し出す事に成功。リフォームの匠も膝をつき2度と顔を上げられないだろう。やっぱりオレは天才だと常々痛感してしまう。

 

話は脱線したが、上に書いたようにハッテンバと我が家の雰囲気は大きく違うし、我が家でセックスをした事はないし、男を連れ込んだ事は1度もない。いや、1度だけあるけど。終電を逃した友達が泊まりに来たくらい。

 

で、あるからに我が家はハッテンバでは無いことが証明された。正義はいつでも勝つんだよ。みたいな事を書くと、「明るいハッテンバもあるんだよ!」とコメントを書かれて、炎上。インターネットに精通している方が我が家を特定。あ、精通ってソッチの精通じゃないよ。住所を特定された日から、頼んだ覚えのないピザや特上寿司、マネキン、ダッチワイフが注文される。あげくの果てに、デリヘル嬢が参戦。ちゃっかりヤっちゃって「女も悪くないかも…」と思う傍ら、強いストレスに打ち負け、心がポキっとね、みたいな感じで病んでしまう。病んでからの生活は何を見ても灰色。楽しかった毎日がダークマター。結果、我が家に火を放ち自刀みたいな。平成の織田信長。もう平成は終わるけども。

 

こんな事ばかり書くからモテないんだなぁ。と思った。こんな自分を好いてくれる人は奇特だ。だが、しかし、そんな方を募集してます!

普段は真面目なスーツリーマンしてます!テンプレートみたいな自己紹介文に唾を吐く毎日。今年は恋愛要素に特化するぜ。待ち人来ず。

 

ps

御籤に書かれている「待ち人」は、あなたの運命を良い方向に導いてくれる人の意味らしいです。こんな駄文を読んでくれた方へのせめてもの償い。明日から「待ち人」の意味をしたり顔で、友達、上司、後輩、先輩、同期、通りすがりの人に使っていってな。

 

人生の目標

会社の面談で、今後の目標や人生の目標を聞かれた。難しい顔をしながら「専門性のある職種。例えばアナリストみたいな仕事で飯を食べたいです。需要があるのは都市部だと思うのでいずれは東京辺りに行きたいですね。情報は場所問わず得ることが出来ますが、現体験出来るのは都市部の魅力だと考えていますので。」なんて事を喋った。半分本気、半分ガチ。いや、それマジやん。

 

まぁ、マジですよ。本気でっせ。

でもな、せやけどな、肩の力を抜けば「毎日ご飯が食べれて、たまに贅沢という名のもと、あまつさえ酒が飲めて、休みの日には本を読んだりゲームが出来てぼちぼち健康で暮らすのが目標なんです。」と言いたい。喋りたい。伝えたい。 

 

所謂、夢があった方がなんとなーくカッコいい気がする。なんかスゴいヤツな気がする。目標のために頑張ってるヤツみたいな。

 

でも、毎日平穏に暮らしたいという夢もカッコいいと思うよ。胸を張って言いたいよね。

正直、大人数の飲み会ダルいです。なんて胸を張って言いたいよね。

 

世間体を気にするのは疲れる。

でも、デカい顔しちゃう君の気持ちも分かる。うまく行かないのが人生だ。さよならだけが人生さ。春に近づくと寂しくなるよね。まだ冬だけど、時間は止まらない。一歩一歩春に近づいている。別れと出会いの季節。そんな春。花粉症の症状が辛いのか、毎年涙を流す。センチメンタルボーイ。

2019年は鳥になりたい

今年はあれやな。あれだよ、あれ。
だから、あれだよ。
そうそう、今年は良い年だったんだよ。
Twitterとブログがフル稼働。結果的におもろい人と知り合えてマジ感謝(あざす)みたいな。人との出会いってマジでオレの財産(マネーの虎)みたいな。知的財産権。百姓一気。大塩平八郎の乱みたいな。

 

気づいたら2018年終わってたよ。2019年始まってるんですけど。

マジウケるんですけど。いや、全然ウケないんですけど。年越しソバ食べてないんですけど。年越しの瞬間、寝てたんですけど。参拝にも行ってないから2019年になった実感が湧かないんですけど。でも、エロ動画サイトの最下部に「〇〇2019」と表記してあって、現実を突き付けられたよ。マジで。

 

みんなは抜き始めは終わったかな??

1オナ、2オナ、3オナ。縁起がいいね。

 

コイツ、文章が狂ってやがる。

 

今日は「ドキッ☆ゲイだらけの新年会」なのです。なので、ようやくオレも2019年を迎える事が出来るかな、とも思ってる。

いやー、しかし。駄菓子菓子。うまい棒はタコ焼き味派。

ゲイが集まるコミュニティが得意ではないので、なんだかなぁと思いながら空を見上げる。鳥が飛んでる。鳥になって、この大空を羽ばたきたいなぁと思う。今年の抱負は「鳥になる」。

なんだかなぁ、と思うなら新年会に誘われた時に断れば良かったじゃないか!と鼻息を荒くしながら突っ込んでくる人がいるかも分からん。

確かに鼻息荒男くんの言う通り。気が乗らないなら、断ればいい。

複数人(3人以上)で集まると、会話を広げたりを振ったりと、頭と気を使う。

食事でもしようものなら、グラスの残り具合、料理の残り具合を把握しながら、いい感じのタイミングを見計らい「次、何か頼みますか?」と声をかける。頭と気を使いすぎた結果、頭が割れ、脳ミソが噴出しそうになる私。遊ぶならサシが良い。

 

新年会のメンバーは歳上なので、気を使う。

しかしかながら、このままの自分じゃあかんと思う。苦手な事を克服したい。そう思う人間で良かったかも〜と思いながら、年下としての立ち振る舞いを見せてやるぜ。だけど、無理はしない。楽しめなくなれば帰ればいいのさ。ラミパスラミパス。鳥になりたい。

ツイッター