御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

雑記

コミュティisデッド

コミュティに所属すること。いい事だと思う。 社畜生活でのペルソナを脱ぎ捨て自分を露わにする。「好き」が「好き」の輪を広げる。点と点が繋がり輪になる。なんて素晴らしい。 「好き」が無ければ知り合うこともなかった。道ばたですれ違っても気づかない…

コピペ人生

今年に入って週末は誰とも喋らずに過ごすことが多い。口からは「アリガトウゴザイマス」「フクロイラナイデス」と、うわ言混じりの言葉しか出ない。 引っ越しをしてから誰かと会う用事が極端に少なくなった。理由は簡単。ヒトがおらん。おらんのだ。マジで。…

質問チャンス

Twitter上でよく見かける「質問箱」 質問箱を登録しているユーザーに匿名で質問ができるサービスらしい。 純粋無垢で少年と太陽をフュージョンさせたような私からすると「え?質問あるなら本人に聞けばいいじゃん?LINE知らなくてもDM あるじゃん。シチュー…

悪いオトナの手本でありたい

ミニマリスト気取りな私です。 自宅には一般的な家電は持ち合わせておらん。当然ソファーやカーテンなども無く生活感が無い。住居というよりも独房に近い。おろろん。マイノリティ。 家のなかには生活を送る上で必要最低限なモノしか無く、例をあげると布団…

3 days busan③

釜山旅行最終日。 朝食にデジクッパを食べようと考えていたものの前日のダメージ、つまり胃がもたもたしていたので諦めた。もたもたしながらモーニングゆで卵を食べながらよたよたとホテルを出る。 空港へ戻る途中に出勤の様子をカメラにおさめる。国は違え…

3 days busan②

朝になって起きた。強盗が入った形跡は無く、安堵しつつ朝飯が無料なのでトースト2枚、ゆで卵1個、牛乳をかけたコーンフレーク1杯、オレンジジュースとコーヒーをそれぞれ1杯を胃に入れる。朝からキムチじゃなくて良かったと思いながら。 この日の釜山は豪雨…

3 days busan①

釜山に行ってきた。 初めての国際線。人の多さと多国籍の坩堝感にただただ驚愕しながら思考停止で小額を両替。この両替所は国内において、かなりレートが良かったことを帰国後に知る。 初めての海外旅行。ワクワクしながらフライトまでタバコを吸ったり、タ…

気づいたらクリスマス来るやんけ

書きたい内容を並列してチマチマ書いた結果、どの内容もまとまらず全て未完成。オレの人生みたいでステキ!と思えるオレのポジティブ思考。最高。 あっという間に12月。すなわちクリスマスシーズン。 サンタクロースのオジさんは繁忙期。子供たちに夢を配る…

kindleの角で殴る

健康診断のため絶食した先日。絶滅しそうな勢いだった。絶望感と踊ってたかも知らん。無論、絶望しても生活は好転しないので、「温泉行ったら、巨根に追われて怖かったよ~」とアジアンチックなメロディを口ずさみ、巨根踊りを踊るも、虚しくなり中断。 アカ…

ひとり居酒屋のススメ

ちらほらと、「おひとりさま」流行ってますね。 友達とゲロ吐きながら宅飲みしてみたり、ダラダラとコンビニの前で金麦を飲みながらゲロ吐いたり、ライブハウスやクラブで音に合わせてクネクネ踊ってテキーラ飲んでゲロ吐くのも好きです。吐いてばっかやんか…

花があったら飾りたい

ふと、最近思うことがある。 猫って、なんで苗なんやろ。とか。 いやいや、そんなん考えたりはせんよ。 他人は違う人生を生きている。 これに尽きる。至極当たり前。当然の話。 いろんな人に会ったけれど、大人になっても連絡を取り合える人は大事にしましょ…

肉壷日記

肉壷とは何か、また、なぜpussyは肉壷なのか書こうと思ったが、ブログが炎上するイメージしか湧かなかったので、ブログではなく、書籍で発売したいな。でも詰まる所、この世にpussyは肉壷である。という旨の文章を書くと炎上するのは間違いない。何でもかん…

タヌキ

苦手な人の話。 男女問わず、あざとい人が苦手なんです。 ドジっ子(自称)を見ると鳥肌が出るのは何故でしょう。 ドジっ子(自称)のドジエピソード(詐称)を聞くと、怠くなるのは何故でしょう。 虫を見てキャーキャー言う人が苦手なんですけど、虫を見て…

プロレタリア・フール

本日はエイプリル・フール。裏社会の取り決めで「嘘をついてもいいのよ」という日になっており、方々で虚偽の言霊が街に溢れる。 私は虚偽を感知すると陰茎が硬くなりぴんぴんに天を仰ぐという設定があるし、タマの親父に、ネコ娘なんていう愉快で痛烈、笑い…

哀れみ部会

特に予定のない土曜日。 マチーダこと町田康さんの新作を買いに本屋へ行くと、程よい塩顔男子がレジ対応をしてくれたので幸福度が5ポイント上昇した。 帰宅してからは珈琲を飲みながら資料作成をしながらネットサーフィンをしながらオシャレなカフェ・ボサノ…

私の好きな作家 町田康さんの文節の一部より。 https://youtu.be/FPxfCQZJsA4 いろいろブログは書いていますけど、私の人柄は滲み出てるどころか、漏れだしてるんやなぁと再認識しました。言葉が人を作るし、人が言葉を作ってるんですね。 いろいろブログは…

どうしようもない事件

先日、よく晴れた青すぎる空が印象的な朝に事件は起きた。 出社するため布団からのそのそと脱出。布団世界からの解脱を図る。 毎朝、コーヒープレスでコーヒーを淹れるので、この日も挽いた豆、マグカップを用意し電気ケトルに水を張り沸騰するまでの時間、…

踵の底

地下海底に都市が見つかる事があるそうで、もしかしてそれは足汗を大量に分泌した若者が住んでいたかもしれない。そして、ボクはその若者の生まれ変わりかもしれないくらい足汗がパネェです。この事実に読者はテンアゲ。 ただでさえ汗をかくのに春が近づき気…

tawarayama紀行文 下

ふんわりと起きる。時計の針は6時ちょうどを指していた。あぁ、3時間くらい寝てたんか。不思議とキツくないので、さっさと着替えて、まだ暗い通りへ向かい、寒い。バリ寒い。シャッターを押すのが罰ゲームかと思うくらい寒かったので何枚か写真を撮って引き…

tawarayama紀行文 中

大分の湯布院や山口の湯田温泉のような観光客向けの温泉街ではなく湯治場が持つ鄙びた空気感、つげ義春の旅行記に出て来るような雰囲気、それが俵山温泉だった。 両脇に2階建木造建築の旅館が並ぶ、通りを歩き「町の湯」へ入る。こじんまりとしていたが、脱…

tawarayama紀行文 上

週末の休日を利用し、俵山温泉へ行った。これには理由があるのだ。 先日、誕生日を迎え27歳になった。 なんか知らんが業務中にも関わらず、みんな席を立ち拍手をして祝ってくれた。それを見て思わずmind jive。 お祝い事なんだから、今日くらいは仕事なんか…

日常を切り取る

日常を切り取りたい。あの時見た景色、風景、生活を切り取り、その瞬間を写真として残す。足跡でも手垢でもいいから、自分が見た、見ていた、日常を切り取りたい。 そうや、カメラや。キャメラや、Cameraやで。しかも、買うなら一眼レフでバチッと決めたろ。…

ツイッター