御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

好きというアティチュード

僕はゲイだけど、ゲイの印象は会ってヤるみたいなイメージ。独断と偏見です。
ノンケもそんな人いるだろうし。

僕にとっての「好き」は老夫婦みたいな感じ。
中身が好きだなぁと思えば惹かれます。
例えば顔がイケメンだから好きだとかいって付き合うじゃないですか、多くは。
だけど、歳をとるにつれてシワは増えて髪の毛は減り、誰もが若さを失うわけで。

その中で好きなモノが顔だと、2人はどうなるんだろうと思います。そこまで関係は続くのかな?分かんないけど。

僕は好きな人と付き合っているとして、例えの話をするなら、好きな人が苦しい時は支えていきたい。仕事をクビになるとか、事故にあって障害を持つ、何かのキッカケで髪の毛がなくなってしまう。とか。
見た目が変わろうが、何かを背負っても好きな人は好きな人。ずっと一緒にいたい。