御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

週末

最近の定番お出かけスポットである市の図書館へ行った。クリスマスイブやし人が少ないと思っていたが、それは勘違いだった。
フロアに目を向けると、進学に向けてぶ厚い参考書を山積みにした高校生が黙々と勉強していた。つげ義春でも読もうかと思っていたが、羞恥心から村上春樹を読んだ後、つげ義春を読んだ。

AVレンタル初心者が、カモフラージュのため見たくもない映画をサンドイッチしてレジに持っていくかのように読んだ。AVは借りたことないけど。

 

しばらく、つげ義春の自伝を読んだが、気が滅入った。窓に目を向けると雨が降り出し、更に気が滅入り、くさくさしてきたので、「ココを抑えろ数学2017」みたいなセンター試験対策のぶ厚い参考書を並べた高校生を見ながら、「俺はそんな勉強したことないし、君らより偏差値は低いやろうけども、セックス・ピストルズのメンバーを全員言えるし、町田康のライブを見たことあるんだぜ」と小さな反抗をしてみる。気は晴れない。

 

12月の上旬に彼氏と別れた。

自分が思ったより自分は自由気ままで自由を愛する、ふーてんだった。

束縛されるのが嫌だったし、ニューヨークハードコアみたく重い人だったので、クリスマスイブに1人でも別に寂しくないが、ラインの通知が1週間に1回、ミスタードーナツのお知らせだけになったのはちょっと寂しいかもーとか思いつつ、図書館を出て夜飯を買いにコンビニへ行く。

 

クリスマスソングの店内にサンタの格好をした店員。ホットフードの棚には、親の仇くらいの量のチキンが積んであるのを見て、思わず胃がもたれた。手に持っていた「本場!スリランカチキンカレー!」は棚に戻し、「牛スジカレー」みたいなやつを買った。クリスマスにはカレーですよ、奥さん。

 

2月に旅行に行こうかなと思ってる。

神社やノスタルジックな街が好きなので、島根や萩市がいいかなぁと、るるぶを読みながら計画を立てている。

あぁ、待てよ、大阪も久しぶりに行きたいし、東京も格安飛行機で行くのもいいなぁと考えてる。

でも、遠くにいる友達に会いに行くのも良い。札幌に来いよ!全部金出すから!なんて言ってたから、試しに行って見るのもアリやな。とグルグル悩む。

グルグル悩んだ時は大抵、悩んだ選択肢を除外してしまうので、唐突に韓国に行くかも分からん。サムギョプサルで一杯ひっかけるのもいいかも。

ツイッター