御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

今年のGWの事

昨年のGWに何をしていたか覚えていない、一昨年のGWの事も覚えていない。恐らくこれは、宇宙人の類が私をアブダクションし、GWの記憶のみを脳内メモリーから消し去ったに違いない。理由や意図は不明。困ったちゃんにも程がある。何が黄金週間だ。黄金のタレで焼肉を楽しむ方が最高じゃないのか。

 

ということで忘備録、備忘録。

結論。最高に楽しかった。

会話に気を使わないのはラク。ライトリーなトークis最高。

久しぶりに地元の友達とワーワー言いながら飲んだのが楽しかった。うん、楽しかった。何が楽しかったか?と問われると説明するのは難しいし、アブダクションされた際に思考力を奪われたらしく、アレは低下を辿っているし、飲みすぎて二日酔い。起きた時には便器をハグしていた。そして自我の解放。vomit。酒なんぞ二度と飲まん。と強い意志を己に刻んだ数時間後、右手には緑茶ハイ。左手には豆菓子を持っていた。何が強い意志だ。アホンダラか。アホちゃんか。アホboyなのか。うん。きっとアホ太郎なんだよ、私は。「そんな自分もいいじゃないか。」そう言い聞かし、自分の頭を自分で撫でまわすGW最終日。

思考力は未だ低下したまま。追い討ちをかけるようにアルコールで脳を麻痺させる。明日は晴れますように。

ツイッター