御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

頭を撫でる

水筒を捨てました。

水筒があれば、会社のウォーターサーバーで水を入れて飲み物代が節約できる。家からコーヒーやお茶を入れて飲み物代が節約できると考えていました。

確かに飲み物代は節約出来たけど、持って帰って洗う事を考えると手間だなと思って、水筒を捨てました。場所取るしね。

 

今はもっぱら、500mlのペットボトルを会社に持って行ってます。1回飲みきった後はウォーターサーバーで水を入れる。それ以上飲む事があれば自販機で買ってます。帰りがけにペットボトルを捨てる事で、洗う手間が省けたのが嬉しい。

 

お金よりも、時間を取られる手間だったり、家に物が増えるのが嫌なので、この選択が自分にはしっくり来ました。

毎日、小さな選択が現れてきて、毎日、選んでる。そんな自分の頭を撫でる。毎日がんばってるわ。

ツイッター