御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

トーキョー紀行文

2泊3日で日本のコンクリートジャングルこと、トキオもとい東京に行って来た。

 

拭いきれない疲労感と闘いながら空港のラウンジでこれを書いてる。私。

 

6年ぶりに行った東京は変わってたり変わってなかったり。人は多かったけど多くなかったり。

 

久しぶりに会う友達、初めて会う友達。本社に顔を出したり、色んな人と顔を見ながら話せて良かった。当たり前かも知らんけど、みんな良くしてくれて泣いたよ。優しくて泣いたよ。号泣したよ。ナミダちょちょ切れたよ。in my ハート。 

 

つよく心に残ったことを2点。

 

1.コンビニ

居酒屋を後にして、金額を気にせずにコンビニのカゴの中にモノを入れる。入れていく。放り投げていく。会計時に、今後コンビニでは支払わないであろう金額が表示。爆笑。大学の時っぽくておもろかった。レシートは取ってあるので額縁に飾ろうかしらん。

 

2.2丁目

ゲイのホームグラウンドもしくはアンダーグラウンド的な場所。新宿2丁目に行って来た。

自分は同族嫌悪的な、ふんわりしたホモフォビアの気質がある。具体的には短髪、筋肉質でオネエ言葉(オネエ仕草)の方々。申し訳ないけれども、ゾッとしてしまう。テンプレート恐怖症かも分からん。知らんけど。

 

2丁目の通りを歩いたり、タバコを吸っていると、恐らく友達同士で喋ってるゲイトークが聞こえてきて感動!なんて事はなく、ゾクゾクしてしまった。

 

ぽこぽこ歩きながら教えてもらったゲイバーに入った。人生初ゲイバー。めちゃくちゃドキドキした。

結論から申しげると「酒を飲むのが好きだから居酒屋あるいはバーで十分」という感想でございまする。

 

帰る時に「ボサボサした髪がノンケっぽい!てか、絶対ノンケでしょ!」と言いながら、ママっぽい人にチンコを触られた。私はサービス精神が旺盛なので、気にしない。決して気にしない。何があっても気にしない。ははは。全く気にしてないんだぜ。

 

めっちゃ怖かった。

ノンケがゲイに対して「なんとなく怖い」というイメージってこんな感じなのかなと思ったり、思わなかったり。知らんけど。

 

久しぶりの東京は遠いと思ったけれど、案外近かった。また近いうちに遊びに行きたいなと思う。その時はゲイバーじゃないバーで飲もう。知らんけど。

 

森美術館の特別展が良かったなぁ。

 

f:id:gotenba:20181112165421j:image

 

ツイッター