御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

今年は恋愛運が高めだと思いこんでいる

山口県に越してきて1年経ったわけで。ひとり暮らしを始めて1年経ったわけで。ミニマリスト気取りの生活を1年経ったわけでおます。

 

冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、車、テレビが無くとも楽しい毎日が送れているよ!狭い家でも特段問題無いよ!と周りに言うと、怪訝な顔をされる。コイツは変わり者だ。いつか、どてらい犯罪を犯すんじゃないか。いつか、ベンチャー企業を設立してBIGなウェーブに乗ってIT業界にレゲエ砂浜BIG WAVEを巻き起こすんじゃなろうか。みたいな目つきでジロジロ見てくるということはない。モーマンタイ。毎日楽しい。うふふ。人生楽しい。ららら。

 

ただ、我が家の面積が狭いからかゲイ友達からは「ヤリ部屋」「ハッテンバ」等と呼ばれている点を除けば。

所謂、ハッテンバにはイったことが無いので、ここから先の話は妄想と空想、独断と偏見、虚偽のオンパレードになるかも分からん。

恐らくハッテンバの雰囲気は、落ち着いてセックス出来るように配慮して店内は暗い。また、部屋内が散らかっていると円滑なセックスに支障をきたすため、こざっぱりと清潔かつ備品等が整理整頓されていると推測される。

 

一方、我が家の雰囲気は、日当たりが良く天気の良い日はとても明るくポカポカした暖かさすら感じる。ハワイのような明るさと雰囲気がある。ハワイには行ったことないけどな。

いつでも落ち着けるように部屋内は衣服、ビニル袋、オナティッシュ、紅茶のティーバッグ、帽子、菓子(未開封)、空のペットボトルが乱雑。生活感をこれでもか!と醸し出す事に成功。リフォームの匠も膝をつき2度と顔を上げられないだろう。やっぱりオレは天才だと常々痛感してしまう。

 

話は脱線したが、上に書いたようにハッテンバと我が家の雰囲気は大きく違うし、我が家でセックスをした事はないし、男を連れ込んだ事は1度もない。いや、1度だけあるけど。終電を逃した友達が泊まりに来たくらい。

 

で、あるからに我が家はハッテンバでは無いことが証明された。正義はいつでも勝つんだよ。みたいな事を書くと、「明るいハッテンバもあるんだよ!」とコメントを書かれて、炎上。インターネットに精通している方が我が家を特定。あ、精通ってソッチの精通じゃないよ。住所を特定された日から、頼んだ覚えのないピザや特上寿司、マネキン、ダッチワイフが注文される。あげくの果てに、デリヘル嬢が参戦。ちゃっかりヤっちゃって「女も悪くないかも…」と思う傍ら、強いストレスに打ち負け、心がポキっとね、みたいな感じで病んでしまう。病んでからの生活は何を見ても灰色。楽しかった毎日がダークマター。結果、我が家に火を放ち自刀みたいな。平成の織田信長。もう平成は終わるけども。

 

こんな事ばかり書くからモテないんだなぁ。と思った。こんな自分を好いてくれる人は奇特だ。だが、しかし、そんな方を募集してます!

普段は真面目なスーツリーマンしてます!テンプレートみたいな自己紹介文に唾を吐く毎日。今年は恋愛要素に特化するぜ。待ち人来ず。

 

ps

御籤に書かれている「待ち人」は、あなたの運命を良い方向に導いてくれる人の意味らしいです。こんな駄文を読んでくれた方へのせめてもの償い。明日から「待ち人」の意味をしたり顔で、友達、上司、後輩、先輩、同期、通りすがりの人に使っていってな。

 

ツイッター