御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

自分次第

電車に乗って風景を眺める受け身もいいかも知らんけど、電車を運転して風景を見に行く姿勢が楽しいと思う。

 

アレもコレも受け身。人生も恋愛も受け身。

餌を貰うだけの金魚。口をパクパク開けるだけの鯉。

 

受け身の言葉に飽いた。

 

想像を行動に。衝動に方向を。

そんな感じで生き続けたい。

 

自動車免許を所持していない私は、スケボーと己の足で進んで行くのだ。

ツイッター