御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

リビドー

気がつけば4月末に足を踏み入れている。

なぜか4月に入ってからは性欲過多。需要の無さ。行き場のないカウパーの怒りすら感じる。1日3回はあたり前。春の放出祭り。

 

暇さえあれば股間をいじる姿、まるで中学生。

出せば快楽。しかしながら、性欲が強くなりすぎていわゆる「mrmr」状態で苦しい。今。

 

なぜか。

健康診断を明日に控え、明日の早朝には検尿を取らんといけんのですよ。

つまり本日、性欲に負けると明日の尿にはタンパク質がコンニチハしてしまう。こんにちは世界の国から。再検査の通知。ダサいアラサーにはなりたくねぇ。

 

なんだかんだと聞かれたら、答えてあげるが世の情け、性欲の破壊を防ぐため性欲の平和を守るため、愛と快楽の欲を貫く、ラブリー・チャーミーなオレ。そんなの見れば分かるじゃん(笑)ってことでポプテピピックを見ながら、気を紛らわして今日は寝る。

ツイッター