御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

彼氏が欲しい!

とは思わない。

 

 

この間先輩に「どう?恋愛してるん?」と聞かれたけど、「停滞気味の日本経済並みに恋愛してないですし、やっぱりあんま興味ないっすね。面倒くさいみたいな?最近の若者みたいな?恋愛離れみたいな?草食系男子みたいな?でも実はロールキャベツ系男子みたいな?そうゆうカテゴライズ、だるくないですか?みたいな?って感じっすねー」と返答。いっつもこんな感じに返すのに、会うたびに「恋愛して、彼女作れ!」と言う先輩。

 

そんな調子なので「先輩は恋愛面倒くさいって思わないんですか?」と聞いてみたところ「分かってねーな。そういう所が面白いじゃん。ヤキモキしたりするところみたいなさ」ドヤ顔でそう答えてた。

 

先輩は既婚者で子どもがいながら、「ワクワクしたい!」という理由で女の子を指名して夜の大運動に励んでいたり、ワンナイトラブを愉しむ、とても元気な方。浅野忠信似。

 

ワーワー飲んでそんな話をしながら出た結論は「別にワンナイトでいいんじゃね?お互い良ければまた遊んで、ヤッたりヤらなかったりで良くない?ワンナイト関係なしに、お互い良いなと思ったら付き合えば良くね?クネクネ?」。

と、2人でクネクネしながら泥酔してしまい、車中泊車中泊にはちょうどいいシーズン。そんな秋でした。

ツイッター