御殿場の秀逸な話

90年生まれのゲイから見た秀逸(言いたいだけ)な話。

御殿場の秀逸な話

幸せの盆踊り

気がつけば8月末。

朝、窓を開ける。顔面に当たる外気が冷たい。夏も終わる。

盆踊りを踊った後、大型の台風が終わった後、夏が終わるなと肌で感じる。

 

「3年後、5年後の目標は?」と聞かれたので「毎日おいしくご飯が食べれて、安眠できて、休みの日は趣味の時間を過ごすこと」と答えた。

満足しないよう感じで相手はそれを聞いていたし腕組みをしながら「それはみんな思ってるよ?」と言葉を吐く姿になんだか否定されてるようだった。

 

当たり前の事を大事に。

 

明日、急に味覚が無くなるかもしれない。

夜、車に轢かれて足を失うかもしれない。

3時間後、通り魔に刺されてこの世を去るかもしれない。

 

今を楽しむ。

単純だけど難しい。

 

40年後、老化が原因で足腰が思うように動かす痛みに苦しむかもしれない。

50年後、食への興味が失われるかもしれない。

 

確実に「今できること、当たり前のこと」が出来なくなるゴールへと足が動いてる。

 

いろいろ考えながら、踊る。

盆踊りは続く。否定しながら、続く。

 

衝動的大分旅行

ふと大分県に行きたくなった。

ふと温泉に入りたくなった。

「時間があるなら行けばいいじゃないか」と頭の中で誰かが呟いた。

ネットで切符を買うと安くなるらしく、8月8日の出発日を選択した8月6日の夜。

 

盆休み前なので人も少ないだろうと、湯布院へ乗り込んだが甘かった。あまちゃんだった。アジア系の観光客が闊歩しており、肌感では9割方アジア系の観光客。

日本人は土産屋のみか?と錯覚するレベル。

 

夏の陽射しに負けず、人の多さに負けず、街道を突き抜けて金鱗湖へと向かうが金鱗湖は朝、見るべきだった。

昼に見ても湯気が見えないのでただの湖だった。コレジャナイ感を抱えつつせっかく来たので、一眼レフでパチパチと写真を撮ったものの見返してみると、ただの湖。

 

湯布院駅から金鱗湖まで歩いたので背中を中心に汗ばんでいた。

これでは観光に支障が出ると判断し、最寄りの、たまたま目についた風呂屋へ行く。

 

服をセクシーに脱いだ。誰も居ない脱衣所で。

湯場には先客が居た。韓国人が友人同士で居た。それをオレは見た。

だって脱衣所と湯場の扉が開いていたからね。不可抗力なのだよ。ふふふ、とひとりでほくそ笑みながら湯場へ趣き、体を洗おうとしていると、韓国人の2人はシャンプーとボディーソープのボトルをしきりに見ていた。手に取ってまじまじと。

それを見て「シャンプーとボディーソープの違いが分からないのではないのか」と私は推測した。

目の前に置いてあるボトルには「頭皮に優しい!リンスインシャンプー」「ボディーソープ〜SOAP〜」としか書かれていない。

日本語が分からない場合、ボトルの判断に困ることは安易に想像できる。

仮に2分の1の確率で使用したとする。

正解すれば問題は無いが、失敗した場合。

すなわち「ボディーソープ〜SOAP〜」を頭皮に使用すると髪の毛の油分が消滅。パサパサの髪の毛でその日の過ごす、つまりパサパサの状態で観光をしなければならない。

パサパサな髪の毛を気にして楽しい事も楽しめず、被写体として写真を撮られる場合、表情はどことなくブルー。世界の終わりみたいなオーラを放つ史上最悪の観光日和になってしまう。

帰国した際には「景色は良かったが、髪の毛がパサパサになって観光どころではなかった」と思い返し、塗り返せない過去、旅行の思い出を引きずってしまい、ストレスから蕁麻疹が発症。人生に面白みを感じなくなり日々の生活が憂鬱になってしまうかも分からん。

人並みの優しさを持ち合わせている私は困惑している韓国人に対して、シャンプーのボトルを左に持ち、右手で頭皮を指差し「HAIR!ONLY!」と教えてあげた。

と、すると韓国人はすっかり安堵した表情を浮かべ「ありがとう」と述べ、洗髪を始めた。

それを見た私も聖母のような表情をした後、体を清め入浴。

真夏の日差しのもと入る露天風呂は地獄だった。苦痛のなかに光が見えた。

血が沸騰しそうになったので風呂から上がろうかと考えてるところに、先程の韓国人が体を拭き終えて風呂の方に寄り「ありがとう、さようなら」とお礼を述べて来たので、風呂から出るタイミングを逃し、なんだか辛かった。

 

屋台の金魚

また体調が悪い。

厄年かしらと思い厄除けの踊りを踊る。

肩を前後にクリクリ回し、首を前後に動かす。腰は少し落とし、爪先を立ててエイトビートのリズムで踊る。ミラーボールが見えた。

 

仕事はやっぱり仕事なので、私がいなくとも仕事は回る。だいたいそんなもん。

この社会において、私がいなくとも社会は回る。悲しくなるけど、事実なのよね。そう言いながら目を伏せ、氷の入ったグラスをストローでかき回す女性。深夜1時。

 

休んでいる間、時間があるので小説を書いてみようとパソコンの前に座ってみる。

思ったより細かい描写、粘り強い描写が書けない事に気づき、ヒトマス戻る。800文字程度を30分程度で書く。程度、テイド、ポテイト。

 

本を読もうとしても気が散って、3行程読んでKindleを所定の場所に戻す。机の上。

 

金曜日には復帰しよう。

で、辞職の念を上司に伝えよう。

アラサーよ、自由を掴め。

網膜爆裂宣言

行動で証明 衝動で光明

自分自身に革命を
くだらない意思は窓の外へ
歩いた足跡が道になる

罵声も批判も受け入れよう

己の血肉や骨になるよう
信念に熱量を

破壊と想像に証明を表明
網膜爆裂宣言

TOKYO旅行

3泊4日。東京旅行へ行ってきた。

遊んでくれた友達、ありがとう。

オレが石油王なら遊ぶ金を全部出したあとに「お気持ちです」と述べ、3億円振り込んでいます。鼻水、石油にならねーかな。

 

東京では主に美術館を巡ったあとにカレーを食べるという一種の中毒症状を引き起こしながら巡回した。

 

約1年ぶりに東京へ行った感想としては、「東京サイコー!」であり、山口県へ帰ってからの疲労感・孤独感・自殺願望感・カレーが食べたいんだよ感を差し引いてもお釣りが来る。お釣りで投資を始めたい。

サイコー!な理由としては文化的な遊び・生活を送れることが最大の理由でしょう。言わぬが花でしょう。

カネさえ出せばカルチャーに触れ合あえる環境は都市部ならではと思えた。

休みの日に美術館に行けるって文化的な生活なんじゃね?震えて眠れ。ただし、クーラーの付けっぱなしには気をつけろ。

 

山口へ帰る途中に、山口には果たして文化的な生活を送れる環境があるのか?と思案した。思案したが、文化的な生活を送ることは難しいと結論を出した。

ここで言う、文化的な生活は美術館や文化的な施設を指すものとする。

地方では文化的な生活を送ることは難しい理由として、人工の分母も都市部に比べると少ないため施設や店舗数などがイージーダンス。レッツ!イージーダンス!

 

周りには脳死状態で右手をハンドルに添え、振り落ちる銀玉や高速回転するリールを見ているような、ある意味文化的な生活を送っている人が多いように思う。もしくは、ヤルことしかアタマに無いような猿。LGBTタイムとはなんぞや。

これでは私のように文化のカタマリのような人間は生きづらい。会話が合わへん。困ったもんや。などと思ったので来年あたりに転職して東京で生活するのも悪くないと思った。

 

しかしながら、東京在留中にアプリでハウリングしたところ、反応があったのは45歳ただ1人という現実には目を背けてやるよ。

 

イルな発想

オナニーばかりしてホルモンバランスが崩壊してるのか、顔面吹出物フェスティバルが開催されている。

頬の吹出物に関しては青年ぽくて許せる。

だが、フェイスライン。お前は許さん。

ここで会ったが百年目!と言わんばかりに処方された塗り薬を塗布するも、吹出物は織田信長の鉄砲隊ばりに攻撃範囲の手を緩めない。ダメじゃん。

 

しかしながら、私もアホでない。

先日支給された賞与にモノを言わせて、ドラッグストアにて「男の自信を取り戻す!亜鉛サプリ」「ハイチオールBクリア」を買った。したり顔で。

 

「ハイチオールBクリア」で肌のバランスを整え、「男の自信を取り戻す!亜鉛サプリ」で射精量を稼ぐ。完璧すぎる。抱きしめてあげたい。自分がもう1人いればいいのに、と切に願いながら両腕を背中にまわしてセルフハグ。令和式セルフマインドハピネス。

 

肌が綺麗な人が好き!という意見が大多数を占める世の中。中には、肌が荒れてる人が好きな人もいるので狙いを決めてベンザブロックしていきたい。レッドオーシャンではなく、ブルーオーシャン。ノースブルー出身はサンジ。私は玄界灘ブルー出身でおます。

 

彼氏が欲しい?

欲しけりゃ、くれてやれぜ。

探してみろ。

この世の男をアプリに置いてきた。

 

昨日、ポケモンの映画を観てきた。

20年前の私が座っていた座席は広かった。

20年経った私が座った座席はちょうどよかった。歳を取るのも悪くないよね。

8歳の私は映画を見て泣いた。

28歳の私は映画を見て涙をこらえた。

大人になるってなんだろうね。イルな発想は続けたいよね。チャーハンっておいしいね。

 

梅雨の読書習慣

オナニーばかりしてるとバカになる。なんて中学生の頃に聞いことがある。

意味としては、快楽を求めてオナニーばかりして勉強が疎かになりバカになる。

そんなことあらへんやろ!と、オナニーばかり。習慣は今も変わらず。

このままじゃホンマにバカになる!と意気込んだかは分からんが、読書にあてる時間が最近増えた。

陽が昇る時間が増えたので早起きをしてコップ一杯の水を飲み、本を手に取る。

頁を捲る手つき、本に付着した手垢と指紋だけは後世に残せるのかなぁなんてぼんやり思う。

 

友人のススメで読書中に出てきた文節、自分が気に入ったフレーズをノートに書き留めている。ノートが埋まった後に読み返すのが楽しみ。けっしてさびしいわけじゃない。

ツイッター